参考にしたい天カセエアコンの購入方法

エアコンは「パッケージ(業務用)エアコン」、「家庭用エアコン」に大きく分けることが可能です。家庭用エアコンと業務用エアコンの大きな違いは冷暖房能力の違いです。そして今回は店舗やオフィスなどで主に使用されている業務用のエアコンについて説明したいと思います。業務用エアコンを選ぶポイントは部屋の用途(業種など)から「必要な能力」、最も適した機種を決めるために「部屋の形状・設置環境」、メンテナンス性なども考慮するため「室内機・室外機の設置場所」から検討しましょう。そしていちばん重要なのが機種選びです。業務用エアコンには天井内に本体を埋め込み、化粧パネルだけが表面に出る天井カセット形、通称天カセ。天井に埋め込まない天吊形、家庭用と同じ壁掛形、設置しやすい床置形などがあります。

天カセ形エアコンの種類と選び方

業務用エアコンの中でも大半を占めるのが天カセ形です。大きく分けると4種類あり、天カセの中でも最も採用されているのが「4方向天井埋込カセット型」です。飲食店等の室内エリアに多く設置されています。このタイプのメリットは店内景観をスッキリさせることができ、温度が均一になりやすい点です。標準、オプションで様々な機能を選ぶことができます。少し馬力は落ちますが4方向コンパクトタイプもあります。飲食店に多い、長方形の間取りには「2方向天井埋込カセット形」を設置することができます。メーカーにより大きさが異なるので確認が必要です。室内の隅に設置の場合「1方向天井埋込カセット形」が設置できます。下がり天井に設置した場合は前吹出し+下吹出しの2方向も可能です。吹出口を本体から分離して送風できる「天井ビルトインカセット形」はレイアウトの自由度が高く、デザイナーズ物件などでよく採用されています。

業務用エアコンのおすすめ購入方法

業務用エアコンを導入するのにかかる費用は本体費用、設置費用があります。本体価格は機種によりそれぞれですが、設置費用の相場には2つの要因があります。「エアコンの種類」と「馬力」です。天カセ形は天井に埋め込む為、費用が他の機種に比べ高額になってしまいますが機能面からみると選択肢が多くコストパフォーマンスは良いです。業務用エアコンの場合、同じ広さの部屋であっても業種・用途により選定するエアコンの馬力も異なります。例えば飲食店でも、焼肉やお好み焼き等客席で調理する店舗の場合は熱源が多いため馬力の大きなもの、Barなど熱源の少ない店舗は馬力の小さいもののように最適なものを選ぶ必要があります。4方向天カセ形のように付加機能のあるものを選ぶと、より快適に省エネに使うこともできます。業種・用途からベストなものを選定するにはプロに相談するのがおすすめです。